電子書籍の今後・・・

 

電子書籍を活用しよう!と考えた場合。
今後、電子書籍が流行るのか?少し言い方を変えると、
一般社会に定着するのかが重要になって来ます。

 

常識になるのかどうか?です。そして、常識になるならそれはどのくらい先か?

 

「トレンドを見極める!」

ということがとても大切になります。

 

電子書籍を活用しあなたのビジネスを簡単に加速させるためには、
右肩上がりの市場。さらにいえばこれから先伸び続ける産業であることが最適なのです。

 

ですので、現在、右肩上がりのスマートフォン市場、右肩上がりのタブレット市場、右肩上がりの電子書籍市場を活用することで、あなたは、昇りのエレベーターに乗り、あなたのビジネスを簡単に飛躍させることができるのです。

 

だからこそ、そのトレンドを見極め、参入するタイミングは絶対に逃してはいけないのです。そうです、良く言われますが、チャンスの神様は前髪しかないのです。ですから、しっかりと見極める必要があるのです。そしてタイミングを見計らい神様の前髪をしっかりと掴んでください!

 

現在、スマートフォン市場は導入期から急成長期に差し掛かっており、2011年の出荷台数は1986万台。2015年には、3056万台と予想されています。また、さらに成長していくものと思われます。

 

 

スマートフォン市場

スマートフォン市場

 

そして、タブレット市場。米調査会社NPD DisplaySearchが2013年1月に公表したタブレット端末市場の予測によると、同年1年間におけるタブレット端末の世界出荷台数は2億4000万台となり、ノートパソコンの2億700万台を上回る見通し。と発表されていることから、今後さらに市場が拡大して行くことは容易に予想されます。

 

また、米調査会社IDCが2016年のOS別タブレットの市場予測を発表した表が下記の図になります。 平均の増加率は23.3%になっています。

 

タブレット市場

タブレット市場

 

そして電子書籍市場ですが、2010年度の電子書籍市場規模は前年比13.2%増の約650億円。 2015年度の予想は2010年度比3.1倍の2000億円と予測されています。

 

電子書籍市場

電子書籍市場

 

まさに現在とても旬なのが電子書籍市場といえるのではないでしょうか?

 

 

株式会社レオン 代表取締役 関 俊一。

 

関連記事

ページ上部へ戻る