採用革命

【採用革命】

~金の卵を見つけるたった1つの新しい視点~

人事革命~人事部が会社を強くするシリーズ~

 

【こんな悩みや不安、想いを持っている経営者・人事担当者の方にオススメです】
・なかなか思うように良い人材が採れない・・・
・せっかく採用しても長続きせずに辞めてしまう・・・
・面接では良いと思ったのに、採用してみたら期待外れ・・・
・求める人材像がなかなか定まらない・・・
・人材の見極めに難しさを感じている、自信がない・・・
・採用担当者の異動が多く、選考の質を保つことに難しさを感じている・・・
・問題を起こす人材だけは絶対採用したくない
・求める人材をもっと効率的に採用するコツや方法を探している
・モチベーションもパフォーマンスも高い社員ばかりの会社にしたい
・これから会社を大きく成長させていくために良い人材を確保したい

 

1つでも当てはまった方は、無料サンプルをダウンロードしてください。

 

プロローグ

【目次】

 

第1章 採用のミスマッチは、なぜ生じる?

 

■ そもそも人材を採用する目的は?
■ 人材採用にかけるお金はコスト?
■ 意外と見落としている?採用のミスマッチのリスク
■ 採用のミスマッチは、なぜ生じる?
■ 採用のミスマッチを防ぐ3つのポイント

 

第2章 採用のミスマッチを防ぐ新たな視点!

 

■ 新たな視点!認識スタイルって何だ!?
■ 認識スタイルは能力ではない
■ 48の認識スタイル
■ 認識スタイルが活躍する場面とは?

 

第3章 採用のミスマッチを防ぎ、採用の本当の目的を実現する具体的な方法

 

■ 「リーダーシップがある」では不十分
■ 求める人材像を明確にしたいなら、ここに注目すべし!
■ 求める人材像を明確にする具体的な方法
■ 求める人材を見極めるポイントはココ!
■ まさか即戦力が欲しいなんて思っていませんよね?
■ 「求める人材が応募してこない・・・」という悩みの原因は?
■ 求める人材はこうやって惹き付けよう!
■ 内定者を逃さないためコミュニケーション術

 

第4章 採用だけにとどまらない!その先に広がる可能性

 

■ 求める人材を採用できて安心・・・と思ったら元の木阿弥!
■ 人事部が強くなると、会社は継続的に成長できる
■ 未来志向でその先に広がる可能性

 

エピローグ
以上になります。

 

 

~本文より抜粋~

自社の経営理念、企業風土、行動規範はどういうものか。
自社で活躍している社員にはどういう特徴があるのか。
こういった点を、今一度確認してみてください。
そうすれば、求める人材像が次第に見えてくるはずです。
・・・と、ここまではよく言われる話かもしれません。

 

(中略)

 

では、人材採用の本当の目的へ向かうバスに乗車するためにはどうしたらよいのでしょうか。
その答えがポイントの2つ目となる「客観的で一元的な基準を持つ」ということなのです。
客観的というのは、科学的に裏付けられた第三者的基準ということです。

 

そして、一元的というのは、求める人材像を明確にする際にも、
求める人材を募集する際にも、採用候補者が求める人材像に合致しているかどうかを見極める際にも、
いずれにおいても共通して用いる基準であるということです。

 

購入はコチラから

 

関連記事

ページ上部へ戻る